おはこんばんちは、ぷれじです。

今回は、初めてFXトレードする人向けに基礎中の基礎を紹介していきます。

 

FXって、なに?

 

FA(フリーエージェント)なら知っているが、FXってなに!!(;_ロ_)

 

FXとは、Foreign Enchangeの略。

国内正式名称は、外国為替証拠金取引。

簡単に言うと、通貨の売買。

 

他の投資種目との主な違い

①少ない資金で取引が可能

②取引コストが安い

③24時間取引ができる

④倒産やストップ安がない

 

『株』『日経平均(NIKKEI225)』『ビットコイン』などには、『ブーム期』と『閑散期』がある。

例えば、2017年のビットコイン仮想通貨がブームが訪れた時には、

ブームになると、買いが殺到し値段が急上昇したため、大きな利益を得た。

ブームが終わると閑散期が訪れ、値が停滞した。

相場の参加者が減ると、2018年夏以降は参加者も減り、トレーダーにとつては稼ぎずらい環境となった。

 

FXの場合のドル円(USD/JPY)が上昇するとは?

 

ドル円が上がるとは、『通貨間の強弱』で値が変動する。

①ドルの人気があり上がる。

②日本円が下落することで、ドル円が上がる。

と2つの事が考えられる。

これは、米ドルが強い、もしくは日本円が弱い状況。

 

『FX』は通貨間の強弱で値が動くため、稼ぐチャンスが永続的で利益が出せる。

これは、不況時でも安定的に利益が出せる。稀有でな投資(トレード)種目である。

 

pips(ピップス)って、なに?

 

potato chips(ポテトチップス)なら知っているが、pipsってなに!!(;_ロ_)

 

pips(ピップス)とは、FXトレードのパフォーマンスを示す『統一単位』です。

何pips獲得しました。何pips損切りしました。

FXを始めると、pipsと言う単位がひたすら登場すると思います。

 

通貨トレードをする際の通貨ペアです。

『ドル円』『ユーロ円』『ポンド円』『オージー円』などがありますが、

『〇〇円』←通貨ペアの後ろ側が、日本円単位になっている。

ドル円の場合、1ドルを何円で買えるのか、これがドル円の意味。決して、円ドルとは言いません‼️

例えば、ドル円が110円とした時に、1ドルが110円掛かると言うこと。

通貨ペアの後半側の通貨の単位になる。

 

つぎに、『ユーロドル』『ポンドドル』『オージードル』

ユーロをドルで買う時に、1ユーロ何ドルになるか。

 

通貨ペアによって、単位がバラバラなため、

FXに関しては、pipsで統一することになった。

・ドル円で0.2円勝ちました。

・ユーロドルを0.01ドル勝ちました。

→いくら勝ったか、一つの通貨で表すのが大変ii(;_ロ_)

 

そこで、

『1pips(1ピップス)』の原則

『日本円』(ドル円、ユーロ円、ポンド円、オージー円)絡みは、小数点第2位を1pipsの単位とした。

『米ドル』(ユーロドル、ポンドドル、オージードル)絡みは、小数点第4位を1pipsの単位とした。

 

ドル円が、113.180円の場合、『8』が1pipsの単位となる。

ドル円を、113.180円から、113.210円の差だと、3pipsの獲得となる。

ドル円を、113.210円から、113.235円の差だと、2.5pips。

 

ユーロドルが、1.13865ドルの場合、『6』が1pipsの単位。

 

MT4で画面上でのpips(ピップス)の測り方

①マウスの真ん中のボタンを押す→十字発生

②起点で左クリックを押したまま、測りたい位置までもっていく

(路側足の数/数字÷10がpips数/???)

 

pipsは、あくまでもトレードの利益の統一単位です。

いくら儲かったかは、取引量(ロット数)×獲得pips で計算します。

 

ロット(Lot)とは、なに?

 

生活雑貨のLOFTでしょ!?似てるii(;_ロ_)ww

 

ロット(Lot)とは、FXトレードにおける『取引単位』です。

 

FX会社によって『1ロット』の概念が違う

MT4口座における1ロットは、10万通貨でが、国内FX会社は『1万通貨』や『1000通貨』を『1ロット』と表記する場合もある。

 

実際の取引の仕方(MT4)

①右クリック後にワンクリックトレードを選ぶ

→左上にワンクリックトレードが出現する

②真ん中上がロット数を調整(右の▼で0.01ロット可能)

③注文ボタンをクリック ※右が買い注文、左が売り注文

 

FXトレードの利益や損益をみるときは、pips数✕取引Lot

例)1pipsが、0.01円。10pipsの獲得pips→0.01円×10pips=0.1円

1Lot10万通貨で取引した場合、

→0.1×10万=1万円の利益

国内FX会社は『1万通貨』や『1000通貨』を『1ロット』と表記する場合もあるため、

他の人に説明したい場合は、

何万通貨で取引したと説明すると分かりやすい。

 

レバレッジとは?

 

レバレッジ=『てこ』の原理

 

例えば、30万円の証拠金で『最大750万円分』の取引ができる。

※日本のFX会社だと、法律でレバレッジ25倍が最大。今後は、10倍になる可能性あり。

 

30万円の手元資金に対し『2%』の利益を得た場合

 

【レバレッジなし】30万円×2%=6,000円の利益

【レバレッジ25倍】750万円×2%=15万円の利益

 

レバレッジは、正しく使うことで資産構築(資産増加)に対して『時間短縮』が可能になる。

効率の良い資産運用ができる、これがレバレッジの最大のメリットです。

 

そんじゃレバレッジは『最強』なのか?

 

『てこの原理』は利益にも働くが『損失』にも働く

【レバレッジなし】2%損失、6,000円の損失。

【レバレッジ25倍】2%損失、15万円の損失。

 

では、どうしたら良いのか!!

勝ち方の習得:勝てないと話にならない。勝てるルールで勝率を上げる。

資金ルールの徹底:一度の負けで資金の全てを失ってはいけない。やればやるほど資金が増えていく。

日々の『メンタル管理』:負けた事によって頭に血がのぼり、ルール以外のトレードをしない。負け続ける事を避けれるメンタルを持つ。

 

これら①~③がレバレッジの恩恵を受けることができる。

レバレッジを正しく活用すれば、億トレーダーの道が一気に早まります。

 

スプレッドとは?

 

ブレスレッドなら知っています!!(;_ロ_)

 

スプレッドとは、売値(BID/ビッド)と買値(ASK/アスク)の差のこと

例えば、ニュースなどで『円相場は1ドル104円40銭から42銭の間で取引されています。』などといった表現がされます。これは1ドルを売るためには104円40銭、買うためには104円42銭かかるという意味。この差『2銭』が、スプレッドです。

FXで利益を出すためには、この差が小さければ小さいほど、利益が出やすくなります。(スプレッドは、取引会社によって異なります)

 

上昇は『買い』で稼ぎ、下落は『売り』で稼ぐ!

 

・上昇相場の押し目で買う

・相場は上がれば下がる

・ダブルトップ、ヘッドアンドショルダーなどで、下落相場を確認。

→移動平均線(黄緑)抜けて、上に戻ってきたところで、売りポジション。

→(75本)オレンジの線で利食い。

買いポジション→ロング/売りポジション→ショートのネーミングの理由

一般的に相場とは、ゆっくり(LongTime)と時間をかけて上昇するが、下落は短時間で一気(ShortTime)に急落する傾向があると言われている。

 

相場参加者の多くは、まだまだ買いで入る方が多い。

そのため急落する時にパニック売りが発生する。

 

FX国内業者と海外業者のどちらが良いの?

 

FX国内業者と海外業者のメリットとデメリット

 

国内FX業者:レバレッジ最大25倍

・勝てる人の場合は資金量が多い方が有利

・少額からスタートの人は少々不利

・税金:申告分離課税(利益の20.315%/0.315は、復興税)※住民税込

 

海外FX業者:レバレッジ最大400倍以上が多い

・小資金からでも一気に成り上がることが可能

・追証(追加証拠金)を必要としない業者がある。

・税金:総合課税(雑所得)年間195万円以下15%/~330万円以下20%/~695万円以下30%/~900万円以下33%/~1800万円以下43%/~4000万円以下50%/4000万円超55% ※住民税込

 

儲かれば儲かるほど『海外業者』は不利?

 

①給与所得を合わせて年間330万円以下の利益の場合は、海外業者が税金的に有利。

②海外業者は、信託保全されてない業者も多い。

 相手側(海外業者)に悪意がある場合は、預けたお金が戻ってこないリスクがある。

※国内業者であれば、預けたお金が保全され、出金できないリスクが基本的にない。

 

海外FX業者の対策

ひとつの業者に多くのお金を預けない。

海外業者国内業者問わず、常に分散する。

利益の一定額をこまめに出金して対策する。

 

『海外業者』税制のメリットとデメリット

 

①海外FX業者の税制デメリット

・利益が増えるほど税率が上がる。

・損益通算や損失繰越が出来ない。

・給与所得者は年間20万円超から『確定申告』

※非給与所得者は年間38万円超から。

②海外FX業者の税制メリット

・年間利益330万円までなら海外FXの税金の方が低い。

・入金ボーナスは課税対象外。

・各種『経費』が認められる ※パソコン購入、通信費、セミナー参加費など

 

海外FXで利益を多く得た場合は?

 

海外FX税制に対応する一例として『法人設立』です。

各FX口座を『法人口座』で開設した際、すべての損益を『事業所得』で処理が可能。※本業とFXでの損益を合算させる。

 

まとめ

今回はFXの用語を主に説明しました。

FXで資産を増やすには、

①勝率が高いエントリーポイントでエントリーする。

②リスクリワード(損益の比率)が良いところでエントリーする。

③損切りを恐れない資金でエントリーする。

を攻略できれば、資金が増えそう!!(;_ロ_)



おすすめ: