2019年新規公開株のおすすめ証券会社。証券会社別ネット抽選の単元株数ベスト7。2019年新規公開株、主幹事回数。新規公開株で主幹事が多い。資金なしで新規公開株に申し込める。同一資金で新規公開株が申し込めるなどをまとめました。

 

2019年新規公開株、証券会社別ネット抽選の単元株数ベスト7

1位 大和証券 99008口
2位 SMBC日興証券 66131口
3位 SBI証券 44138口
4位 野村証券 31964口
5位 みずほ証券 25181口
6位 三菱UFJMS証券 22318口
7位 マネックス証券 8056口

 

2019年新規公開株、証券会社別の主幹事回数

大和証券:23回

SMBC日興証券:23回

野村証券:17回

みずほ証券:11回

SBI証券:7回

三菱UFJMS証券:6回

東海東京証券:4回

エイチ・エス証券:2回

いちよし証券:1回

※ネット抽選なしで、藍澤証券:1回

 

①主幹事が多い証券会社

大和証券、SMBC日興証券、野村証券、みずほ証券、SBI証券、三菱UFJMS証券の6社は主幹事が多く抽選確立が高いです。

2020年は、東海東京証券とエイチ・エス証券、いちよし証券に口座を開設予定。

②資金なしで需要申込可能な証券会社

野村証券、岡三オンライン証券、ライブスター証券松井証券

 

③同一資金で需要申込可能な証券会社

SBI証券、大和証券、みずほ証券

 

④上記以外で口座開設した方が良いと思われる証券会社

楽天証券、カブドットコム証券、DMM.com証券

◎2019年は、みずほ2回・大和2回・三菱UFJMSで当選しました。252回ほど申し込んで5回当選。確率は、1.98%。今年もオリンピック精神でIPOを申し込んでいきます。

 

おすすめ: